岩国市田舎村昆虫館は、イモムシとかアオムシなどと言われている幼虫の写真が沢山現れますので、昆虫が嫌いな方へは閲覧をお勧めしません。しかし、子供さんの夏休みの自由研究などに役立つ記事が沢山ありますので、興味のある方はご覧になって下さい。 判らないことがあれば、【新】岩国市田舎村の掲示板を利用してみて下さい。

アオスジアゲハの飼育(8) 寒い12月に羽化しました

●このページは、前ページからの続きです

2010年9月6日 [背番号2010-036]が透けてきました

朝見たら、体が美味しそうなメロンのようになっていました。

P20100906-P1070761 P20100906-P1070760-2

2010年9月6日(2) [背番号2010-036]が歩き回っています

午前中はおとなしくしていましたが、正午過ぎに見たらクスノキの小枝(葉は2~3枚程度)を歩き回っていました。
歩く姿が可愛いので、動画に撮らせてもらいました。
歩き回った最後は、一番大きな葉を蛹化の場所と決めたらしく、葉の裏側に掴まって動かなくなりました。

P20100906-P1070769-2


ついでに背中に掛ける糸作りを動画に撮ろうかなと思ったのですが、[背番号2010-037]の時のように刺激してしまって移動しては困るので、ケースから出さずに、そっとしておきました。



蛹化の場所を探して歩き回るアオスジアゲハの幼虫 (2010/09/06)

2010年9月7日 [背番号2010-036]が前蛹です

朝の点検・・・クスノキの葉の裏の、昨夕の位置で背中に糸を掛けて前蛹になっていました。

P20100907-P1070789-2 P20100907-P1070792-2 P20100907-P1070793-2


10時過ぎに見たら、頭の方の色が少し変化していて、午後には脱皮して蛹になりそうですが、残念ながら今日は「腰の痛み+下半身の痺れ+左腕の痺れ」のためにMRI検査。
11時には出掛けますので、留守の間に蛹化して、アオムシコバチに襲われては台無しですから、[背番号2010-036]にはケースを被せて出掛けました。

P20100907-P1070811-2 P20100907-P1070814-2


15時、病院から帰ってみたら、立派な蛹になっていました。

P20100907-P1070815-2 P20100907-P1070819-2
P20100907-P1070818-2

2010年9月10日 [背番号2010-037]を引っ越しさせました

ケースの壁にくっ付いていた[背番号2010-037]を、セロテープを使って剥がして、箸へ引っ越しさせました。アオスジアゲハは足が短いので、羽化の補助用の横棒を頭に近づけて接着しました。
写真は、右側が[背番号2010-037]、左側のクスノキの葉にくっ付いているのが[背番号2010-036]です。

P20100910-P1070904

2010年9月10日(2) 検察審査会からも疑われない曇りのない蛹です

左側の写真は[背番号2010-036]。右側の写真は[背番号2010-037]。
目を皿のようにしてご覧ください。
政治の素人の小沢ガールズとかで国民を誤魔化そうとしている民主党の前幹事長のような心の曇りは全く見えません。
検察審査会素人」とかなんとか。悪いことをする者が蔓延る日本を変えなければ、アゲハの世界も汚染されますよ!

P20100910-P1070897-2 P20100910-P1070901-2

2010年9月17日 [背番号2010-037]は透き通っています

潔癖な透き通ったメロン色を見て下さい。
小沢一郎と青木愛との不倫スキャンダルのような怪しい影はありません。

P20100917-P1080151-2 P20100917-P1080150-2 P20100917-P1080149-2

●この記事はページ分割されていますので、次ページもご覧下さい

コメント