岩国市田舎村昆虫館は、イモムシとかアオムシなどと言われている幼虫の写真が沢山現れますので、昆虫が嫌いな方へは閲覧をお勧めしません。しかし、子供さんの夏休みの自由研究などに役立つ記事が沢山ありますので、興味のある方はご覧になって下さい。

キアゲハの飼育(15) 脱皮中の幼虫に出会った

キアゲハの飼育(15):脱皮中のキアゲハの幼虫に出会えました。脱皮は短時間で終わりますので、幼虫が数多く居ないと出会えるチャンスが少ないです。

旧館新館別館
P20070710-IMG_9490-9
2007/07/10現在

背番号については2007年・キアゲハの蛹の背番号一覧をご覧下さい。

2007年7月8日(その2)

P20070708-IMG_9442 P20070708-IMG_9443
夕方背番号No.1のサナギの様子を見たら、全く変化なし。
念のためにダンボール箱は被せておきました。
背番号No.5候補者は、飼育箱の蓋にしがみついて前蛹になっていました。


P20070708-IMG_9431-2
今日の昼間はナミアゲハが乱れ飛んでいました。
これは、その中でヨタヨタしていた1頭ですが、羽化して間もないと思います。

2007年7月9日

P20070709-IMG_9444
これは背番号No.5候補者を朝撮った写真ですが、夕方も前蛹のままでした。サナギになるのは今晩でしょうね。


P20070709-IMG_9448-2 P20070709-IMG_9449
背番号No.1の胸の辺りを見て下さい。
羽根の黒色と黄色い縞が、薄っすらですが見えてきました。
明日の朝は羽化ですよ。
小さい飼育箱と小さいダンボール箱なら家の中に入れるのですが、庭でダンボールを被せて、雨よけのブルーシートを掛けておきました。

2007年7月10日

背番号No.1がやっと羽化しました。
我が家で今年(2007年)サナギになったキアゲハの第1号です。


P20070710-IMG_9455
P20070710-IMG_9452-2 P20070710-IMG_9458-2
6時20分、ダンボール箱を取り除いて起床


朝、6時20分にダンボール箱を取り除いたら、背中にも羽根の模様が透けて見え、羽化の準備完了。チョッと触ってみたら、身体を動かしますので、その時を待つだけです。
が・・・誠に残念なのは雨模様の天気。しかし、雨が降ろうが羽化はしなければならないのが自然界の掟。
一応、サナギの殻を破って出てきてから、羽根が固まるまでは雨に濡れないように軒下のゴールデンカサブランカ(花の直径約25cmの百合)に飼育箱の蓋を立てかけておきました。


P20070710-IMG_9456-9 P20070710-IMG_9497
背番号No.5は、綺麗な色のサナギになっていました。

この記事はページ分割されていますので、続きは下記のページをご覧下さい。
キアゲハの飼育(15) 脱皮中の幼虫に出会った
キアゲハの飼育(15):脱皮中のキアゲハの幼虫に出会えました。脱皮は短時間で終わりますので、幼虫が数多く居ないと出会えるチャンスが少ないです。 旧館 新館 別館 2007/07/10現...

コメント

タイトルとURLをコピーしました