【掲示板についてのお知らせ】このサイト内には、アゲハなどのカブトムシの幼虫飼育などに関する掲示板が残してあります。掲示板の形式は旧いものですが、内容は役立つことばかりです。時間が取れる時にご覧下さい。

クロアゲハの飼育(2) 蛹化のための糸張り、背中に掛ける糸作り・糸掛け

シェアする

クロアゲハの飼育(2):ナガサキアゲハらしくない幼虫を発見。
飼育していたらクロアゲハの幼虫と判明。
前蛹前の背中へ掛ける糸作り、背中への糸掛けの動画、写真をご覧下さい。

P20090816-P1020496-5
[背番号2009-177]・・・可愛い顔の人面4齢幼虫


[背番号2009-*]の表示は2009年・幼虫・前蛹・蛹の背番号一覧をご覧下さい。

スポンサーリンク

2009年7月27日 ナガサキアゲハではない、黒いアゲハが産卵 [背番号2009-157][背番号2009-158][背番号2009-159][背番号2009-160][背番号2009-161]

今年は庭の橙の木でナガサキアゲハの当たり年ですが、後翅に尾状突起が付いた黒いアゲハが産卵に来ました。橙の木だけでなく、デコポンの木にも産卵。
ポケット図鑑で調べましたが、モンキアゲハのようでもあり、そうでもなさそうです。
P20090728-P1010409-2 P20090728-P1010406-2
とりあえず、産卵したと思われる辺りの卵を採取しておきました。が・・・卵の大きさがナガサキアゲハ並に大きいです。採取した卵は、ナガサキアゲハの卵のような気がします。デコポンの木には、小さめの卵が沢山残っていますので、孵化してから、ナミアゲハでない幼虫を採取することにします。


尾状突起が付いた黒いアゲハが産卵 (2009/07/27)


上の動画は13時41分に撮ったものですが、左の写真は14時57分に撮ったものです。写真のオニユリの場所は、橙の木から約5m、デコポンの木から約2mです。
動画を撮ってから1時間ほど後ですが、見れば見るほど後翅の模様は同じに見えます。
P20090727-IMG_9418-2

2009年7月31日 7月27日に産卵の卵5個が孵化 [背番号2009-157][背番号2009-158][背番号2009-159][背番号2009-160][背番号2009-161]

今朝4時に卵の入れてあるケースを見たら、卵5個のうち3個が孵化していました。
3個とも孵化したばかりで、幼虫の傍には卵の殻が置いてありました。
幼虫の姿は、ナガサキアゲハではないように見えますし、ナガサキアゲハのようにも見えます。
夜が明けて明るい屋外で再確認してみます。


4時30分に見たら、1匹の幼虫がケースの内壁を歩いていました。
明るくなったら橙の葉を入れてやらなければなりません。


5時30分に見たら、4匹目が孵化していて、3匹の幼虫がケースの内壁を歩いていました。


8時に見たら、5匹目も孵化していました。
背中の色を見たら、5匹ともナガサキアゲハではないような気がしますが、モンキアゲハ、クロアゲハにとりつかれているからかもしれません。


[背番号2009-157][背番号2009-158][背番号2009-159][背番号2009-160][背番号2009-161]の正式番号で登録して、特別室へ入れました。もちろん、橙の葉も入れましたよ。


下の3枚の写真は、同じ幼虫です。
P20090731-P1010584-2 P20090731-P1010590-2
P20090731-P1010591-2


これらの写真は明るい屋外で撮ったものですが、頭と尻尾の棘の状態を見ると、ナガサキアゲハのようですね。
P20090731-P1010584-3 P20090731-P1010586-2
P20090731-P1010588-2

2009年7月31日(2) 7月27日に産卵の卵が孵化・・・[背番号2009-162]

[背番号2009-162]
ナガサキアゲハのようでもあり、ナガサキアゲハではないようでもあり。
頭と尻尾の棘はナカサキアゲハと同じように派手ですが、体が茶色っぽいですね。
先日から、ナガサキアゲハでない黒いアゲハの産卵を見て以来、判定の自信がなくなりました。
P20090731-P1010594-2 P20090731-P1010595-2

2009年8月2日 ナガサキアゲハらしくない幼虫を発見・・・[背番号2009-169]

7月29日に産卵した卵を採取した近くの橙の葉で、7月31日くらいに孵化したと思われる幼虫を発見しました。幼虫が居た葉には卵は無かったので、他の葉で孵化して、卵の殻を食べた後、歩いて来たのですね。(それにしても孵化したばかりの幼虫の歩き回りには驚かされます。ケースの中で歩き回り、橙の葉に戻ってこれるかなあと心配するのですが、ちゃんと戻ってきて、橙の葉を食べて、小さな糞を撒き散らしていますね。)
この幼虫もナガサキアゲハのような派手な棘ではなく、少し地味であり、体も茶色っぽいです。
[背番号2009-169]として、特別個室へ入れました。
P20090802-P1010743-2 P20090802-P1010744-2

2009年8月2日(2) ナガサキアゲハらしくない幼虫を発見・・・[背番号2009-170]

この幼虫もナガサキアゲハのような派手な棘ではなく、少し地味であり、体も茶色っぽいです。
なんとなく、 [背番号2009-169]に似ているような気がします。
[背番号2009-170]として、特別個室へ入れました。
P20090802-P1010720-2 P20090802-P1010718-2

この記事はページ分割されていますので、続きは下記のページをご覧下さい。
クロアゲハの飼育(2) 蛹化のための糸張り、背中に掛ける糸作り・糸掛け
クロアゲハの飼育(2):ナガサキアゲハらしくない幼虫を発見。 飼育していたらクロアゲハの幼虫と判明。 前蛹前の背中へ掛ける糸作...
【緊急のお知らせとお願い】このサイトはサーバーの容量制限に達しましたので、サーバー内の未使用の画像を削除中です。間違って必要な画像を削除してしまうことがあると思いますが、お気付きの場合はご連絡をお願いします。
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

トップへ戻る