【掲示板についてのお知らせ】このサイト内には、アゲハなどのカブトムシの幼虫飼育などに関する掲示板が残してあります。掲示板の形式は旧いものですが、内容は役立つことばかりです。時間が取れる時にご覧下さい。

ツマグロヒョウモンの飼育(21) 越冬幼虫編・寒さに耐えて幼虫が越冬中

シェアする


P20111210-P1140546

今年は、幼虫の越冬は諦めていましたが、12月4日に、庭のラナンキュラス(私は、レナンキュラスと呼んでいます)の葉に掴まっている幼虫を発見しました。

スポンサーリンク

2011年12月4日 庭のラナンキュラスの葉の上で幼虫を発見

今年は、幼虫の越冬は諦めていましたが、庭のラナンキュラスの葉に掴まっている幼虫を発見しました。
P20111204-P1140506 P20111204-P1140505
食草専用として買ってきて、小さな鉢に植えてあるビオラの上に乗せておきました。
鉢には逃走防止用のネットを被せて、軒下の日当たりの良い所へ置いてあります。

2011年12月10日 枯葉の上に寝そべっています

冷え込んできました。
ビオラの葉が萎れかけたので、水を補給しようと思ってネットを取り除いたら、幼虫は、枯葉の上で日向ぼっこをしていました。
P20111210-P1140548 P20111210-P1140546

2011年12月13日 幼虫を発見し、保護しました

今日は、我が家の庭の掃除当番から、枯葉を掃き取っていたら「黒い幼虫のようなもの」が居るとの緊急連絡があり。
直ちに駆けつけてみたら、ツマグロヒョウモンの幼虫が、体を丸めて転がっていました。
植木の根元から、枯葉を一緒に箒でかき出されたのですね。
指で掴んで手のひらに載せてみたら、動き始めました。驚いて、死んだふりをしていたようです。
先住者が居るビオラの苗の上に乗せておきました。
P20111213-P1140549-2 P20111213-P1140550

2011年12月15日 2匹とも元気です

今日は日の当たる暖かい場所で、2匹の様子を見ました。
2匹とも元気です。
大きいほうは、室内の暖かい所へ入れたら、蛹化するかもしれませんので、このまま庭で越冬させることにします。
P20111215-P1140569

2011年12月16日 一晩だけ屋内へ避難させました

今晩は寒波が南下してくるとの予報があったので、一晩だけ屋内へ避難させることにしました。
暖かい場所で生活する悪いクセがつかないように、全く暖房の効かない部屋(ハイビスカスやサボテンが越冬している部屋)へ入れました。
P20111216-P1140576

2011年12月17日 再び庭へ出しました

朝早めに庭へ出しました。
今後は春まで屋外で過ごさせます。
P20111217-P1140580 P20111217-P1140582

2011年12月31日 元気で新年を迎えます

雪がチラチラしたクリスマス寒波を、2匹とも屋外で過ごしました。
元気で新年を迎えます。
それにしても、ツマグロヒョウモンは幼虫で越冬するとは言っても、元気なものですね。
P20111231-P1140674 P20111231-P1140675

2012年2月3日 2匹の幼虫は寒さに耐えて越冬中です

P20120202-P1150053
写真は、昨日の夕方のツマグロヒョウモンの幼虫です。
ビオラの苗を植えた鉢は屋外(軒の下)へ置いてあり、先日来の寒さは、幼虫の肌にも厳しいことと思います。

昨日は、屋根の上が白くなるくらいの雪がチラチラ。天気予報では、水道管の凍結に注意するように言っていましたので、屋外の蛇口を点検するとともに、幼虫の様子も確認しておきました。

写真を撮る時に、指で掴みましたが、体を丸めて反応。
2匹とも生きていますよ。

今朝、今の屋外の気温は-3℃
庭に出て、鉢の上に被せた網を取り外そうとしたら凍りついていました。
なんとか取り外して鉢の中を見たら、幼虫は枯葉の下に潜っていました。
2匹の幼虫はこのまま、越冬するのですね。

2012年2月9日 2日間、雪がチラチラしましたが、耐え忍んでいます

P20120209-P1150057 P20120209-P1150058
寒波が南下し、全国的に大雪ですね。

私は昭和56年ですから西暦1981年。今から31年前のことですが、その頃は岐阜県の垂井町(関ケ原の隣町)に済んでいて、56豪雪を経験しました。毎日、雪が降り続き、子供たちの通学路の雪掻きの繰り返し。それでも間に合わず、会社のエンジン付の除雪機を借りて帰って、社宅周辺一帯の除雪をしたことを思い出しています。

今は会社を卒業して、山口県の東部に住んでいますが、昨日も今日も雪がチラチラして、とにかく寒さが身にしみます。一つ歳をとるたびに寒さに耐えられなくなり、着るものが一枚ずつ増えています。

ところで、寒くても、暖房もなく、着るものもない我が家のツマグロヒョウモンの幼虫。
今日は午後から少し暖かくなったので、庭に出て幼虫の様子を見ました。
2匹とも大丈夫。元気で寒さに耐えています。
1匹は鉢の受け皿へ落ちていましたので、ビオラの鉢へ戻しておきました。
もう1匹は、ビオラの葉へ掴まっていました。

この記事はページ分割されていますので、続きは下記のページをご覧下さい。
ツマグロヒョウモンの飼育(21) 越冬幼虫編・寒さに耐えて幼虫が越冬中
今年は、幼虫の越冬は諦めていましたが、12月4日に、庭のラナンキュラス(私は、レナンキュラスと呼んでいます)の葉に掴...
【緊急のお知らせとお願い】このサイトはサーバーの容量制限に達しましたので、サーバー内の未使用の画像を削除中です。間違って必要な画像を削除してしまうことがあると思いますが、お気付きの場合はご連絡をお願いします。
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

トップへ戻る