キアゲハの飼育(47) 幼虫はニンジンの根の部分も食べます・・・糞の色は?

●このページは、前ページからの続きです

2012年7月21日 [背番号2012-035]が蛹に

[背番号2012-035]が蛹になりました。
P20120721-P1160890

2012年7月21日 ニンジン食のテストをした[背番号2012-037]

ニンジン食のテストをした[背番号2012-037]です。
P20120721-P1160888

2012年7月22日 [背番号2012-036]が蛹に

[背番号2012-036]が蛹になりました。
P20120722-P1160892

2012年7月22日 逃走中の終齢を逮捕・・・[背番号2012-038]

12時40分でしたが、「キアゲハの終齢が逃走中」の緊急連絡が入り、現地へ駆けつけました。
現場へ到着したら芝生に掴まっていました。

P20120722-P1160896


ポールダンス中です。
割り箸を差し出して尻を突いたのですが動こうとしないので、指で掴んで割り箸へ掴まらせました。

P20120722-P1160898

2012年7月23日 [背番号2012-037][背番号2012-038]が前蛹

[背番号2012-037]
P20120723-P1160904


[背番号2012-038]
P20120723-P1160906

2012年7月24日 [背番号2012-037][背番号2012-038]が蛹

[背番号2012-037]
P20120724-P1160930


[背番号2012-038]
P20120724-P1160932

2012年7月24日 パセリの茎に蛹が・・・[背番号2012-039]

パセリのキアゲハの幼虫は少し少なくなりました。蛹化のために逃走していることでしょう。
逃走間近の終齢を見たら、逮捕したいのですが、次回の入院に備えて、出来るだけ見逃すことにしています。
今朝はプリプリと膨らんだ終齢の頭の部分を見ていたので、午後は、逃走中の様子を見たいと思って今朝の現場をみたら終齢の姿は見当たらず。


逃走した後かなと思ったら、現場には蛹が!
葉を食べつくした茎の部分にくっ付いて蛹になっていました。
今朝見たのは前蛹だったのですね。

P20120724-P1160947


今日の蛹化なら入院中の羽化になるのですが、留守番役に報告してもらうことにして、蛹ケースへ取り込むことにしました。
しかし、よく見たらコバエかアオムシコバチのようなものが・・・赤丸印。
大急ぎで写真を撮って、指で潰しました。

P20120724-P1160950-2


赤丸印内の拡大ですが、触覚部分がガのように派手で、アオムシコバチらしくないです。

P20120724-P1160950-3


安心して良いのか否かは判りませんが、セロテープを使って、割り箸へ貼り付けました。

P20120724-P1160952

2012年7月26日 留守の時の支度を始めました

現在飼育中の幼虫ですが、先般の入院騒動で、退院後は新たな幼虫採取はしていないため、殆どが蛹になったか、再入院までには蛹になる予定です。
既に蛹になったものですが、一番早いものでも再入院までには羽化しそうにないため、近所で羽化の観察に挑戦してみようかと思われる方に、面倒を見てもらおうかと思っています。
「面倒」と言っても、「背番号」と「羽化した日」を教えてもらうだけで、その他は何もすることはないので簡単だと思います。


今日から15日間の留守に備えての準備作業を始めました。

①蛹が付いた割り箸に、羽化した時のぶら下り用の棒の取り付け。
②ケースの壁についた蛹を割り箸へ移動。

7月28日頃までに作業を完了する予定です。

P20120726-P1160962


なお、7月29日現在で幼虫のものは、前回の入院時と同様に、ケースの中に橙の葉をギッシリと詰め込んで、我が家の留守番役に面倒をみてもらうことにするつもりです。

●この記事はページ分割されていますので、次ページもご覧下さい