ナガサキアゲハの飼育(42) 想定外の意識喪失で倒れて救急車に乗せられて緊急入院、再び入院中の幼虫の世話を頼みました

[背番号2012-*]の表示は2012年・幼虫・前蛹・蛹の背番号一覧をご覧下さい。

2012年8月15日 [背番号2012-041]が終齢

[背番号2012-041]が終齢。
脱皮したばかりです。
脱いだ皮が残っています。
この皮は栄養価満点。美味しいから、後で食べますよ!
P20120815-P1170403-2

2012年8月16日 庭の橙の木で幼虫を採取・・・[背番号2012-074]

時々幼虫が姿を現しています。
P20120816-P1170464-2

2012年8月17日 珍品・・・コリウスに産み付けられた卵・・・[背番号2012-075]

コリウス」は、ナガサキアゲハの食草でしょうか?

今朝、庭へナガサキアゲハが飛来したので見ていたら、橙の木には近寄らず、その下に置いてある「コリウス」の葉へ。
何をするのかなと思ったら、尻尾を突き出して産卵の行為。
P20120817-P1170509
少し待っていたら逃げて行ったので「コリウス」の葉の裏側に産みたての卵が・・・
この「コリウス」は捨てようかと思っている代物。
産卵しているところを見ていなかったら、卵が付いたまま捨てていたことでしょう。
P20120817-P1170510-2
コリウス」に産み付けられた卵が孵化したら、「コリウス」を食べるのか興味津津。
早速ながら、産みたてほやほやの卵がついた「コリウス」の葉を、橙の葉とともに、タッパーの中へ入れました。
赤い糞が出てくるか?緑色の糞が出てくるか?楽しみですね。
P20120817-P1170511
アゲハなどの蝶が食草だと味見するのは、前足で叩いてみて判断するとのことですが、卵を産み付けた「コリウス」を叩いたら、柑橘類の味がしたのでしょうかね?
(「コリウス」に産卵したナガサキアゲハは翅は痛んでいなかったので、初めての産卵だったのかもしれません。人間の世界では「教えてもらわなかった」とか「知らなかった」とかの言い訳が通用しますが、このナガサキアゲハも言い訳をしているかもしれませんよ。)

2012年8月18日 [背番号2012-042]が終齢

[背番号2012-042]が終齢になりました。
脱皮したばかりです。
P20120818-P1170525-2

2012年8月19日 [背番号2012-047]が羽化

今朝は3時に目が覚めたのですが、ウトウトしているうちに「バタバタ」と、のた打ち回るような音が聞こえたので、蛹置き場の明かりを点けてみました。


4時43分。
[背番号2012-047]が羽化していて、受け皿に転落しているではありませんか。
P20120819-P1170528
直ちに救出して、ぶら下り棒へ掴まらせました。
P20120819-P1170529 P20120819-P1170532
P20120819-P1170530 P20120819-P1170531
この影響でしようか?
上の写真は5時20分頃の撮影ですが、左側の後翅が広がりきっていません。

そのうえ、歩き回るのに加えて、足が弱いのか? 何度も転落してしまいます。
P20120819-P1170536
このままぶら下り棒へ掴まらせていたのでは転落を繰り返すので、5時40分に、足が引っ掛かりやすいモルタルの壁に捕まらせました。
P20120819-P1170537
10時頃に壁を見たら、飛び立って行ってました。
転落したとはいえ、翅が折れていないので、不安定ながらも、なんとか飛んでいったことと思います。

2012年8月19日 [背番号2012-040]が前蛹

[背番号2012-040]が前蛹です。
P20120819-P1170540

2012年8月19日 脱皮から1日経った[背番号2012-042]

脱皮の翌日の[背番号2012-042]です。
P20120819-P1170542-2

2012年8月20日 [背番号2012-043]が終齢

[背番号2012-043]が終齢になりました。
タッパーの蓋を開けると臭角を出して威嚇。
P20120820-P1170551-2

2012年8月20日 [背番号2012-040]が蛹

[背番号2012-040]が蛹になりました。
P20120823-P1170576

この記事はページ分割されていますので、続きは下記のページをご覧下さい。
ナガサキアゲハの飼育(42) 想定外の意識喪失で倒れて救急車に乗せられて緊急入院、再び入院中の幼虫の世話を頼みました
の表示は2012年・幼虫・前蛹・蛹の背番号一覧をご覧下さい。 2012年8月15日 が終齢 が終齢。 脱皮したばかりです。 ...
関連コンテンツ
関連コンテンツ
トップへ戻る