ナガサキアゲハの飼育(15) 翅が広がりきらないことも多い

シェアする

ナガサキアゲハの飼育(15):羽化直後に落下して翅がグチャグチャ。羽化に成功する中で失敗も多いですね。今年は動画撮影も多く、ナガサキアゲハの交尾も動画で撮って公開しています。

P20090816-P1020473
アオムシコバチの被害対策として、所定の日数まで飼育箱の中で待機中の蛹。
2009年8月16日、飼育箱の上方から撮影。


[背番号2009-*]の表示は2009年・幼虫・前蛹・蛹の背番号一覧をご覧下さい。

スポンサーリンク

2009年8月18日 [背番号2009-145]が前蛹、 幼虫を2匹発見[背番号2009-179][背番号2009-180]

久しぶりに幼虫を発見しました。
橙の木へ飛来するナガサキアゲハは度々見かけていますが、目の届く範囲内では卵は見当たりませんでした。絶対に卵はあるはずだとの執念で探していたら、幼虫が2匹みつかりました。


[背番号2009-179]
P20090818-P1020573-2


[背番号2009-180]
P20090818-P1020574-2


[背番号2009-145]
P20090818-P1120708-2

2009年8月19日 家の壁で蛹を発見・・・[背番号2009-183]、 孵化したばかりの幼虫を採取[背番号2009-184]、 [背番号2009-145]が蛹になりましたが、 [背番号2009-146]が前蛹、 [背番号2009-138]が前蛹ですが

ここ3日間は、朝の涼しいうちに庭の草取りをしています。

我が家の花当番のオバサンの第一声は、「ツマグロの幼虫が丸坊主のスミレの鉢の縁に居る」とのこと。青汁の原料に使えそうなほど茂った鉢に強制引越しさせました。

続いて第二声。「こんな所に蛹が!」。行ってみたら、ウサギ小屋のような小さな我が家の壁(基礎部分)に迷彩模様のナガサキアゲハの蛹。

飼育日記を書き始めるまでなら、虫嫌いのオバサンに、幼虫も蛹もゴミとして箒で掃き捨てられていたことでしょうが、今は羽化に興味を持ってきましたので、一命をとりとめています。


[背番号2009-183]
前置きが長くなりましたが、この蛹を捕獲してきました。
この蛹の場所は橙の木から約5m。夜の間に歩いたのでしょうね。
P20090819-P1120729-2 P20090819-P1120731-2
得意技(?)のセロテープ剥がし引越し法で、箸へくっ付けました。
P20090819-P1120736-2 P20090819-P1120737-2


[背番号2009-184]
昨日まで卵だったのですが、今朝見たら孵化していました。
ナガサキアゲハでした。
P20090819-P1120739-2


[背番号2009-145]が蛹になりましたが・・・ケースの中で逆さまになっていました。
背中に掛けた糸側がケースから剥がれたのかなと思ったのですが、背中に掛けた糸はきれいに残っていて(赤矢印)、脱皮中に糸から抜け出てしまったようです。
なんとか自前の糸を使って箸にくっ付けようと試みたのですが、作業の途中で尻尾の引っ掛かりが外れてしまったので、ポケットへ入れることにして、当面は寝かせておきました。
P20090819-P1120743-2


[背番号2009-146]が前蛹
P20090819-P1120745-2


[背番号2009-138]が前蛹ですが・・・
前蛹になりましたが、背中に掛けた糸が見当たらず、尻尾だけくっ付いて逆さまになっていました。
P20090819-P1120747-2

尻尾の糸を割り箸から剥がして、ティッシュペーパーの上に寝かせておきました。
が・・・ティッシュペーパーの上に運ぶ時に指で掴んだら、怒って臭角を出しました。
P20090819-P1120748-2

この記事はページ分割されていますので、続きは下記のページをご覧下さい。
ナガサキアゲハの飼育(15) 翅が広がりきらないことも多い
ナガサキアゲハの飼育(15):羽化直後に落下して翅がグチャグチャ。羽化に成功する中で失敗も多いですね。今年は動画撮影も多く、ナガサキ...
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

トップへ戻る