【掲示板についてのお知らせ】このサイト内には、アゲハなどのカブトムシの幼虫飼育などに関する掲示板が残してあります。掲示板の形式は旧いものですが、内容は役立つことばかりです。時間が取れる時にご覧下さい。

ルリタテハの飼育(14) 幼虫の食草は、ホトトギスの葉、ユリの葉などです

シェアする

スポンサーリンク

2013年8月31日 ユリの残骸にルリタテハ

ユリの花が咲き終わった残骸に、ルリタテハがやって来ました。
しかし、今年のユリは早く枯れたので、ルリタテハの幼虫にはお目に掛かれないかもしれません。
P20130831-IMG_0578

2013年9月25日 ルリタテハの幼虫を発見!

今年は、ユリの残骸が早目に枯れてしまったので諦めていたのですが、庭に5、6本生えているホトトギスを見たら、1本だけが丸坊主状態。
なんと大きなルリタテハの幼虫が居座っていました。
P20130925-P1020585

葉が残っている茎に強制引越させておきました。
P20130925-P1020587

2013年9月26日 ルリタテハの幼虫は3匹居ました

昨日発見したルリタテハの幼虫ですが、さらに2匹見つかりました。
庭のホトトギスには3匹の幼虫が住み着いています。
P20130926-P1020597
P20130926-P1020598

2013年9月27日 ルリタテハの幼虫は4匹です!

今日は、ルリタテハの食事中に出会いました。
食事中の様子は見るチャンスが少ないので、動画で撮っておきました。
P20130927-P1020603
P20130927-P1020606


ホトトギスで晩餐中のルリタテハの幼虫 (2013/09/27)

食事中の動画を撮り終えて、周りを見ていたら、幼虫の数が多いような気がするので、指折り数えてみたら、4匹いました。
P20130927-P1020608
P20130927-P1020609

2013年10月1日 ルリタテハの幼虫1匹をケースへ取り込みました

今日から10月。 アゲハも蛹の越冬に向けて、準備を始める頃ですね。
ところで、庭のホトトギスに居座っていたルリタテハの幼虫ですが、4匹のうち3匹は居なくなりました。ホトトギスの周りを捜索しましたが、蛹は見当たりません。何処か、遠くに歩いて行ったのでしょうね。

残った1匹は、葉が2枚くらい残ったホトトギスに掴まっていましたので、最後の記念写真を撮影。
P20131001-P1020622

写真を撮った後、10分くらいしてから見たら、ホトトギスから降りて、隣のシダの葉を這っていました。もしかしたら、蛹化の場所を探して歩き始めるのか?それとも葉が多く残ったホトトギスへ移動するのか?
どちらにしても今年見ることが出来る最後の1匹と思われるので、2013年の日記の方針を少しばかり転換して、ケースの中で蛹になってもらうことにしました。

葉が沢山残っているホトトギスを切り取って、齧り痕が付いた先端の葉を見たら、非常に小さな虫。
多分、孵化して間もないルリタテハの幼虫のようです。
P20131001-P1020623-2
ホトトギスは切り取ってしまったので元には戻せないので、このホトトギスの茎に、1匹の幼虫が捕まっているシダをセロテープで貼り付けて、ケースへ入れました。
P20131001-P1020624
P20131001-P1020625

ホトトギスには割り箸も貼り付けましたので、割り箸に蛹が垂れ下がるのを楽しみに待つことにします。

2013年10月1日 ホトトギスの葉に尻尾を引っ掛けて垂れ下がりました

昼間、ケースの中に取り込んだルリタテハの幼虫が、ホトトギスの葉に尻尾を引っ掛けて垂れ下がりました。
前蛹です。今年は見れないかと思って諦めていましたが、見せてくれました。
P20131001-P1020627

お知らせ

このページの前後のページもご覧下さい。

ルリタテハの飼育(13) ルリタテハもヤドリバエの被害に遭います
今年も鉢植えのユリの残骸で幼虫を発見しました。 今年も、できる限り自然のままに近い方法で放置して観察することにしま...
ルリタテハの飼育(15) 食草のホトトギスの葉で、孵化して間もない幼虫を発見しました
2013年10月2日 ルリタテハが蛹になりました 我が家は、米軍岩国基地の轟音対策として防音工事がされていますが、建具が機能しなくなっ...
【緊急のお知らせとお願い】このサイトはサーバーの容量制限に達しましたので、サーバー内の未使用の画像を削除中です。間違って必要な画像を削除してしまうことがあると思いますが、お気付きの場合はご連絡をお願いします。
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

トップへ戻る