【掲示板についてのお知らせ】このサイト内には、アゲハなどのカブトムシの幼虫飼育などに関する掲示板が残してあります。掲示板の形式は旧いものですが、内容は役立つことばかりです。時間が取れる時にご覧下さい。

ルリタテハの飼育(19) 落下した蛹を、木工ボンドと糸を使って吊るしました

シェアする

スポンサーリンク

2014年10月9日 [背番号ruri-02]を吊り下げました

夕方見たら、尻尾の先端と糸のボンドが乾いていたので、割り箸を使った羽化の補助具に吊り下げました。
P20141009-P1060904

2014年10月15日 [背番号ruri-02]が羽化しました

朝見たら、蛹の色は真っ黒け。
P20141015-P1060923
P20141015-P1060924

今日は羽化しそうですが、今朝から冷え込んでいますので、羽化は昼前だろうと予想して、[背番号ruri-02]を横目でにらみながら、庭のフジバカマに来てくれるアサギマダラに集中していました。
時々は[背番号ruri-02]を見ていたのですが、5分ばかり油断した11時45分、[背番号ruri-02]を見たら羽化していました。
P20141015-P1060964
P20141015-P1060966

この[背番号ruri-02]が今年のルリタテハの最後になりますので、翅を開かせようと思って、翅を触ったり、触覚を触ったりしましたが全く反応なし。
羽化して時間が経っていないので、翅が固まるのを待っていたのでしょう。

2014年10月15日 今年のルリタテハの日記は終わりました

今年のルリタテハの日記は無理かなと思ったのですが、ユリの残骸と、ホトトギスに1匹ずつの幼虫が見つかり、なんとか羽化に漕ぎつけました。
本日現在、ユリは球根を掘り上げたため残骸は残っていません。
僅かしかないホトトギスの葉を、裏表共に目を皿のようにして点検しましたが幼虫の姿はありません。
今年のルリタテハの日記は、本日でもって終了とします。

お知らせ

このページの前後のページもご覧下さい。

ルリタテハの飼育(18) 翅の裏側は錆びた鉄板のような地味な模様です
の表示は2014年・幼虫・前蛹・蛹の背番号一覧をご覧下さい。 2014年9月23日 蛹になりました・・・ で登録 ユリの残骸に居...
ルリタテハの観察(20) 王冠のような形の卵
幼虫飼育は2014年で卒業し、2015年からは、見ただけ観察をすることにしました。 しかし、見ただけでは日記になりませんので、これ...
【緊急のお知らせとお願い】このサイトはサーバーの容量制限に達しましたので、サーバー内の未使用の画像を削除中です。間違って必要な画像を削除してしまうことがあると思いますが、お気付きの場合はご連絡をお願いします。
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

トップへ戻る