カブトムシの飼育(28)(特別版1-3) 糞掃除・衣装ケース・マット・土フルイ・ペットボトル

カブトムシの飼育(28):11月終わりに、越冬前の最後の糞掃除を実施。

2009年9月20日 衣装ケースの糞掃除 + 幼虫の数の確認

P20090920-P1020485
衣装ケースを倒しました。
出てくる、出てくる。マットの上のほうに居たのがゴロゴロと出てきました。


P20090920-P1020486
大きくなっていますよ!
殆ど全てが3齢です。


P20090920-P1020487
出てきた幼虫は小さなケースへ一時退避。
61匹出てきました。


P20090920-P1020493
61匹となると、衣装ケース1つには約30匹が限度ですから、衣装ケースを2つ使用することにしました。
1つのケースについて10リットルの新しいマットを入れて、幼虫を数えながら放り込みました。
幼虫は、発信機のようなものを持っているらしいので、マットの上に置いておけば、自分で潜って、お互いが近過ぎないように位置を決めます。


P20090920-P1020498
幼虫を入れた衣装ケースへ、糞を取り除いたマットを入れます。
小さな糞は、土フルイを通過しますが、細目の土フルイに掛けると時間が掛かるので、粗目(荒目)を通過したものは再使用しています。
土フルイで選別している時に、小さな幼虫が1匹みつかりました。
マットをそのまま捨てていたら幼虫も捨てるところでした。
結局、幼虫は62匹出てきて、衣装ケースには31匹ずつ入れました。
この上に15リットルずつの新しいマットを入れて、上から0.5リットル程度の水を撒いておきました。


P20090920-P1020499
9月2日に、一つの衣装ケースに68匹を入れて、18日間で糞は14リットルです。


P20090920-P1020500
糞!の拡大写真です。


9月2日には68匹でしたが、62匹に減っていました。
衣装ケースなら広いように思えますが、68匹では狭すぎて、共食いしたのでしょうね。
衣装ケースに31匹なら、昨年はOKでしたので大丈夫だと思います。
但し、後で見つけた1匹は弱り気味でしたので、少々心配です。



62匹! 2009年生まれのカブトムシの幼虫:その2(2009/09/20)


2009年9月20日現在、幼虫62匹います。
衣装ケースは2つ。1つのケースに31匹ずつ入れました。
衣装ケース2つに新品のマットを50リットル追加しました。

衣装ケース大きさは、
幅 68cm、奥行 25cm、深さ 27cm
底面積 1700平方cm、容量 45.9リットル

糞掃除の必需品

P20090902-P1130094-2
マット

針葉樹が混ざったもの、クヌギの木を粉砕しただけのものは使用しないで下さい。
来年、大きなカブトムシを羽化させるかは、今年中に3齢幼虫をいかに大きくしておくかに掛かっています。広葉樹を完全醗酵させたものを使って下さい。
醗酵途中のものは絶対に使用しないで下さい。醗酵が終わるまでは熱を出しますので、幼虫が死んでしまいます。


P20090906-P1010859-2
手袋

幼虫に人間の雑菌を移すか、幼虫から雑菌を貰うことを防ぐためにも、幼虫を触る手には手袋をつけて下さい。
もう一つ大事なことがあります。
幼虫の糞は、尻から出たばかりの時は、柔らかくてベトベトしています。
躾が出来ていませんので、所構わず放出。手が真っ黒けになりますよ。(下の動画にも写っていると思います。)


P20090914-P1020371
土フルイ

100円ショップで売っています。
小さな糞は通過しますが、粗目(荒目)目の幅=4mmが一つあれば間に合います。

この記事はページ分割されていますので、続きは下記のページをご覧下さい。
カブトムシの飼育(28)(特別版1-3) 糞掃除・衣装ケース・マット・土フルイ・ペットボトル
カブトムシの飼育(28):11月終わりに、越冬前の最後の糞掃除を実施。 2009年9月20日 衣装ケースの糞掃除 + 幼虫...
トップへ戻る