ナガサキアゲハの飼育(17) 糸掛け失敗、蛹化失敗(脱皮した皮が外れない)など

シェアする

ナガサキアゲハの飼育(17):糸掛け失敗、蛹化失敗(脱皮した皮が外れない)、轆轤首(ろくろくび)のように長く伸びた終齢幼虫、芯で茶色になったナガサキアゲハの幼虫などを紹介しています。

P20090813-P1020296-2

[背番号2009-*]の表示は2009年・幼虫・前蛹・蛹の背番号一覧をご覧下さい。

スポンサーリンク

2009年9月24日 [背番号2009-188]が羽化

蛹のポケットに入れていた[背番号2009-188]が羽化しました。
P20090924-P1020590-2
P20090924-P1020603 P20090924-P1020605-2

2009年9月24日(2) [背番号2009-243]が蛹、 [背番号2009-204]が蛹、しかし・・・、 [背番号2009-232][背番号2009-235]が終齢

[背番号2009-243]が蛹
P20090924-P1020607-2


[背番号2009-204]が蛹。しかし・・・
P20090924-P1020609-2 P20090924-P1020610-2
P20090924-P1020611-2 P20090924-P1020615-2
P20090924-P1020613-2
写真を拡大してご覧下さい。蛹にしては、何か変な形とは思いませんか?
蛹になった証の写真を撮ろうと思って蛹のケースの中を覗いたら、蛹が垂れ下がっています。
背中に掛けた糸が外れてしまったのかなと思いながらケースから出してみたら、蛹の背中と腹が逆に向いているではありませんか!
気が付いた時は既に手遅れ。朝気が付けば間に合ったのですが、午前中は他のページの編集で、写真を撮ったのは夕方。蛹は変な形で出来上がってしまっていました。


[背番号2009-204]の蛹は、背中側の糸をハサミで切って、尻尾の糸をセロテープで剥がして、ティッシュを敷いたケースの中に寝かせました。体が出来上がって羽化出来るのか? また、どんな形のナガサキアゲハが羽化するのか?
この日記で後日お知らせします。
P20090924-P1020622-2


[背番号2009-232][背番号2009-235]が終齢


[背番号2009-232]
P20090924-P1020600-2


[背番号2009-235]
P20090924-P1020602-2

2009年9月25日 [背番号2009-219]が前蛹

それにしても、糸を撒き散らした、いや、糸を出し過ぎたような状態です。
P20090925-P1020629-2

2009年9月26日 [背番号2009-219]・・・一大事・・・蛹化失敗

24日の [背番号2009-204]に続いて、今日は[背番号2009-219]が蛹化に失敗です。

半分くらいまでは脱皮できていますが、途中から皮が残っています。
脱皮できた部分は、垂れ下がっています。
P20090926-P1020639-2 P20090926-P1020638-2
下の2枚の写真は、背中に掛けた糸を切った後のものです。
P20090926-P1020640-2 P20090926-P1020642-2

2009年9月28日 [背番号2009-222]が羽化

9月も残り少なくなりましたが、ナガサキアゲハの蛹、幼虫は、まだまだ居ますよ。
今朝は[背番号2009-222]が室内で羽化しました。
P20090928-P1020649-2 P20090928-P1020651-2

2009年9月28日(2) [背番号2009-205]が一大事

今朝は[背番号2009-222]が羽化しそうなので、幼虫が入っているケースはチラッと見ただけでした。ケースの中からはシャリシャリ、カリカリと橙の葉を齧る音がしていて、1匹の幼虫が箸に尻尾をくっ付けて垂れ下がっていますので、この幼虫が橙の葉を齧っているなと思っていました。
しかし、いつまでも垂れ下がったままであり、ケースを動かしても垂れ下がったまま。
何か変だなと、ケースの蓋を開けてみたら・・・・一大事!
P20090928-P1020680-2 P20090928-P1020681-2 P20090928-P1020682-2
P20090928-P1020683-2
ゴムが切れたパンツと言えばよいのか、轆轤首(ろくろくび)と言えばよいのか、体の半分が長~~く延びて、パンクした自転車のタイヤのようにペシャンコになっていました。
色は変わっていませんので病気ではないような気がしますが、ハッキリしたことは判りません。
前蛹になる時に背中の糸掛けを失敗したのなら、こんなに長~~くは延びたことはありませんでした。
この[背番号2009-205]が終齢になったのは9月13日です。
この前後の状況は、
・9月11日に終齢になった[背番号2009-204]は9月23日には蛹・・・但し蛹化ミス
・9月11日に終齢になった[背番号2009-215]は9月22日には蛹
・9月15日に終齢になった[背番号2009-216]は9月23日には蛹
となっていますが、[背番号2009-205]は終齢の期間が少し長過ぎますよね。気温などの影響はないと思いますが、何があったのでしょうかね?

この記事はページ分割されていますので、続きは下記のページをご覧下さい。
ナガサキアゲハの飼育(17) 糸掛け失敗、蛹化失敗(脱皮した皮が外れない)など
ナガサキアゲハの飼育(17):糸掛け失敗、蛹化失敗(脱皮した皮が外れない)、轆轤首(ろくろくび)のように長く伸びた終齢幼虫、芯で茶色...
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

トップへ戻る