岩国市田舎村昆虫館は、イモムシとかアオムシなどと言われている幼虫の写真が沢山現れますので、昆虫が嫌いな方へは閲覧をお勧めしません。しかし、子供さんの夏休みの自由研究などに役立つ記事が沢山ありますので、興味のある方はご覧になって下さい。 判らないことがあれば、【新】岩国市田舎村の掲示板を利用してみて下さい。

モンキアゲハの飼育(7) 意識喪失で緊急入院中を生き抜いてくれた幼虫が羽化

●このページは、前ページからの続きです

2012年10月4日 [背番号2012-077]が羽化しました!

9月1日の緊急入院の時、退院まで餓死せずに頑張っていた[背番号2012-077]が羽化しました!
P20121004-IMG_5265 P20121004-IMG_5267
P20121004-P1000270
P20121004-P1000268

2012年10月4日 [背番号2012-077]は飛び立てません・・・翅の付け根に異常

上の羽化したばかりの写真の中で、食品トレーの上で翅を開いた写真をご覧下さい。
左側の後翅が外側へズレています。
これは翅の付け根に異常があるようです。
近づいたら飛び上がるのですが直ぐに墜落。
大空に舞い上がることができません。
P20121004-P1000271 P20121004-P1000272
一応、ハイビスカスの木に掴まらせて一晩過ごさせることにしました。

2012年10月5日 [背番号2012-077]は飛び立てません

朝確認したら、芝生の上に落ちていました。
左右の翅の開き具合が異なります。
これでは飛べないでしょうね。
P20121005-P1000315


今、我が家の庭には、渡りをする蝶=アサギマダラが吸蜜のために立ち寄ることを願って植えたフジバカマが花を咲かせています。
この花の上に置いてやりました。
P20121007-P1000326

2012年10月6日 [背番号2012-078]が羽化しました!

今年最後のモンキアゲハが羽化しました。
P20121006-P1000321
P20121006-P1000325

2012年10月8日 今年のモンキアゲハの日記は終わります

今年は、7月9日から9月11日までの正味2ケ月間に3回の入院。
アゲハの幼虫、カブトムシの成虫には多大な迷惑を掛けてしまいました。
来年、生き延びていましたら、アゲハの日記を続けます。

お知らせ

このページの前後のページもご覧下さい。

モンキアゲハの飼育(6) 庭の橙の木へ産卵した卵を採って飼育
の表示は2012年・幼虫・前蛹・蛹の背番号一覧をご覧下さい。 2012年5月5日 「モンキアゲハが庭の橙の木へ来た」との報告あり 5月5日は1年に1回の米軍岩国基地の開放の日。 米軍岩国基地の正門まで歩...

コメント