ツマグロヒョウモンの観察(37)  満開のフジバカマで吸蜜

2016年は、庭をツマグロヒョウモンの成虫が飛び回る姿を見ることは少なかったです。

ツマグロヒョウモンは食草だけでなく、他の草へでも産卵しますが、産卵の姿も見掛けませんでした。
異常気象の関係でしょうか?

2016年6月27日 花見をしながら官製談合

親分子分が談合中。
p20160627-p1020007

ビオラの茎にしがみついた足を見てやって下さい。
p20160627-p1020013
p20160627-p1020011

2016年7月5日 交尾

p20160705-p1020014

2016年7月6日 ビオラの葉も残り少なくなってきました

残り少なくなったビオラの葉。
茎も食べますよ。p20160706-p1020021
p20160706-p1020022

2016年7月9日 これも花見です

p20160709-p1020023

2016年9月8日 綺麗な肌

若い時は、人間に負けず肌が綺麗です。
p20160908-p1020054

この記事はページ分割されていますので、続きは下記のページをご覧下さい。
ツマグロヒョウモンの観察(37)  満開のフジバカマで吸蜜
2016年は、庭をツマグロヒョウモンの成虫が飛び回る姿を見ることは少なかったです。 ツマグロヒョウモンは食草だけでなく、他の草...
トップへ戻る