岩国市田舎村昆虫館は、イモムシとかアオムシなどと言われている幼虫の写真が沢山現れますので、昆虫が嫌いな方へは閲覧をお勧めしません。しかし、子供さんの夏休みの自由研究などに役立つ記事が沢山ありますので、興味のある方はご覧になって下さい。 判らないことがあれば、【新】岩国市田舎村の掲示板を利用してみて下さい。

カブトムシの飼育(30)(特別版1-5)蛹室・人工蛹室・前蛹・蛹化・蛹

●このページは、前ページからの続きです

2010年6月15日 今日も次々と蛹化。 蛹化の動画を撮りました

今日も次々と蛹化しています。


今朝の状態です。
昨日の夕方の写真と同じ並びになっています。
夜の間に、メスが1匹蛹化しています。

P20100615-P1050240-2


この3枚の写真は脱皮(蛹化)中です。

P20100615-P1050245 P20100615-P1050249
P20100615-P1050250


今日は雨降りで、午後は時間が取れたので、前蛹の背中に茶色の模様が現れているメスらしい1匹を、洋式のバスタブのような人工蛹室に寝せて、蛹化の動画を撮ることにしました。
人工蛹室には、脱皮の時の水分を取るためにテイッシュを1枚敷いておきました。
P20100615-P1050266-2
動画の撮れるカメラをセットして、日記用の写真を整理しながら待つこと2時間半。
尻のほうの動きが激しくなり、尻のほうの皮が浮き上がったようになり、その後、頭のほうが出てきて、皮を全て脱ぎ終わりました。この間約20分間。約5分の1/2と、約10分の2/2の2本に分けて、YouTubeで公開しますのでご覧下さい。


あの幼虫のような形の前蛹が、脱皮したら形が異なる蛹に・・・神秘的なものですよ。

P20100615-P1050270-2


なお、脱皮(蛹化)後は、トイレットペーパーの芯の人工蛹室へ入れたいのですが、蛹にキズが付いたら死んでしまいますので、今晩はこのまま寝て(?)もらうことにして、明日引越しさせることにします。

P20100615-P1050272-2


手作り人工蛹室の中で次々と蛹化するカブトムシ(2010/06/15)


寝転んで脱ぎました! カブトムシの蛹化 (2010/06/15)


今日の夕方現在の25匹の状態です。
蛹化済みのオス・・・5匹。
蛹化済みのメス・・・8匹。
前蛹・・・12匹。

P20100615-P1050274-2

2010年6月16日 動画をYouTubeへ

上の6月15日の日記にありますが、動画をYouTubeへ3本アップしました。
YouTubeのアップロードのエラーには困りもの。3本目のアップロード所要時間は100分。もう少しで終了でエラーが3回。6回目でなんとか成功しました。


昨日の蛹化の動画のモデルをトイレットペーパーの芯の人工蛹室へ移しました。

P20100616-P1050278-2


今日の夕方現在の25匹の状態です。
蛹化済みのオス・・・6匹。
蛹化済みのメス・・・10匹。
前蛹・・・9匹。

P20100616-P1050294-2

2010年6月17日 中身が黒っぽい蛹がいます

この写真は朝撮ったものです。
夜の間に、オスが2匹蛹化していました。

P20100617-P1050307-2


写真の右側ですが、夜の間に蛹化した1匹です。角の付け根の頭の部分が黒っぽくみえます。
ちょっと見ただけでは、蛹の中に成虫の体が出来上がりつつあるように見えますが、蛹化したばかりですから、そのようなことはありません。
写真の左側は先に蛹化したものですが、皮の内側は白いです。

P20100617-P1050309-2


今日の夕方現在の25匹の状態です。
蛹化済みのオス・・・9匹。
蛹化済みのメス・・・10匹。
前蛹・・・6匹。

P20100617-P1050317-2

2009年度 マットの使用量集計表(2009年8月15日~2010年5月13日)

2009年度もマットの使用量を記録しています。

2009年度は200リットルのマットを使用しました。
途中で幼虫数が変わりましたので、平均して60匹とすると、
1匹あたり約3.33リットル使ったことになります。幼虫1匹が食べる量は約3リットルと言われていますが、マットを総入れ替えしたり、また、前蛹になった時点でマットは残っていますので、食べる量よりは使用量のほうが多いです。
使用しているマットは、皆さんへも自信を持ってお勧めできるもの(カブトムシの幼虫の飼育環境にあります)ですが少々高価。
10リットル入りが798円。200リットルでは15960円。60匹とすると、
1匹あたり266円
結構高いものにつきますよ。

マット使用量集計表
補充年月日使用量
(リットル)
使用量累計
(リットル)
幼虫数
(匹)
1匹当りの使用量
(リットル)
備考
2009/08/151010掘り出した卵、幼虫の仮住まい用
2009/09/02303068+30.423衣装ケース1つ使用+小ケース
2009/09/20508062+31.231衣装ケース2つ使用+小ケース
2009/10/124012062+31.846衣装ケース2つ使用+小ケース
2009/11/2840160602.666衣装ケース2つ使用+飼育箱(大)
2010/03/1910170553.090衣装ケース2つ使用+飼育箱(大)
2010/04/0610180553.273衣装ケース2つ使用
2010/05/1320200553.636衣装ケース1つ+ペットボトル15

お知らせ

2010年6月17日現在、順調に蛹化が進んでいます。


このページの前後のページもご覧下さい。

カブトムシの飼育(29)(特別版1-4)幼虫・休眠・糞掃除・蛹室・人工蛹室・前蛹・蛹化・蛹
昆虫館の館長 カブトムシの飼育(29):毎年のことですが、幼虫の冬眠中(休眠中)は、マットの表面が白い菌糸のようなもので覆われます。菌糸であれば無害ですし、幼虫が死んだことがないので放っています。 ...
カブトムシの飼育(31)(特別版1-6)蛹室・人工蛹室・前蛹・蛹化・蛹
昆虫館の館長 カブトムシの飼育(31):今年は、全ての蛹を人工蛹室で羽化させようと思って掘り出したのですが、殆どか前蛹の状態。蛹化の失敗や、羽化の失敗、前蛹での死亡など、いろいろと経験しました。皆さん、参考...

コメント