【掲示板についてのお知らせ】このサイト内には、アゲハなどのカブトムシの幼虫飼育などに関する掲示板が残してあります。掲示板の形式は旧いものですが、内容は役立つことばかりです。時間が取れる時にご覧下さい。

カブトムシの飼育の注意点(3/3)羽化から、成虫の飼育

シェアする

frog-e836b20620_640-3

この記事は、岩国市田舎村情報館:本館から移行したものであり、他のサイトからのパクリ記事ではありません。 2016/05/14 元祖:田舎村

本サイトでは、国産カブトムシについて書いてあります。

外国産のカブトムシについては飼育した経験がありませんので扱っていません。
毎年カブトムシを飼育し、ゴールデンウイーク前に幼虫をペットボトルに入れて皆さんに配布していますが、カブトムシの幼虫の飼育は簡単ですから、翌年は成虫を買わなくてもよいように、幼虫から育ててみてもらいたいと思います。
これまで実際にやってきたこと書き残している飼育日記の中から、注意点を抜粋して纏めましたので参考にして下さい。なお、時期的なことは、当地(山口県岩国市)の気候などを基準に書いています。
当地より暖かい地方、寒い地方は差し引きして下さい。

本サイトでは、何事も理論より実践でやっていますので、時々間違ったことをやるかもしれません。

2013年5月1日作成  2014年10月11日改訂

このページは、本サイト内の過去のカブトムシの日記を基にして、カブトムシの幼虫から成虫までの飼育の注意点を拾い上げてまとめたものです。 カブトムシの飼育の参考にして下さい。
「理論より実践」で自己流ですが、少しは役に立つことが含まれていると思います。

カブトムシの飼育の注意点(1/3)幼虫の掘り出しから、翌年の羽化の準備まで
この記事は、岩国市田舎村情報館:本館から移行したものであり、他のサイトからのパクリ記事ではありません。 2016/05/14...
カブトムシの飼育の注意点(2/3)ペットボトルに入れて蛹室造りの準備から、羽化まで
この記事は、岩国市田舎村情報館:本館から移行したものであり、他のサイトからのパクリ記事ではありません。 2016/05/14...
カブトムシの飼育の注意点(3/3)羽化から、成虫の飼育
この記事は、岩国市田舎村情報館:本館から移行したものであり、他のサイトからのパクリ記事ではありません。 2016/05/14...

なおカブトムシに関する情報は、盗用(参考:【著作権侵害】ホームページのコンテンツの盗用サイトを発見)されることが多いため、このページはアクセス記録を採取して保存していますのでご了承願います。

スポンサーリンク

カブトムシは幼虫から飼育をしてみませんか?

本サイトでは、昆虫の好きな子供さんに、カブトムシの幼虫を配布しています。
但し、幼虫から成虫まで飼育し、産卵させて、翌年の幼虫飼育まで続けられる子供さんに限ります。
幼虫飼育は、小さな子供さんだけでは無理な場合がありますので、お父さん、お母さんの手助けが必要な場合もあります。
従って、成虫になってからの配布や、単に「カブトムシが欲しい」だけの理由では配布していませんのでご了承願います。
また、虫嫌いなお父さん、お母さんは、配布を諦めて下さい。

カブトムシは、自分で幼虫から成虫まで育ててみて下さい

●飼育箱の底にマットを深目に入れて(産卵床を作って)、オスとメスの成虫を一緒に飼育していた場合は、成虫が死んだ後に飼育箱をひっくり返してみたら、マットの中から幼虫が出てくることがありますので、幼虫を捨てずに、翌年のカブトムシのシーズンまで飼育してみて下さい。

●生き物ですから難しいように思えますが、日本のカブトムシは寒さに強いので、マットを凍らせることがなければ幼虫は越冬して、死ぬことは殆どありません

●幼虫は、1月~2月の寒い時は冬眠しますので、この時期は霧吹きによるマットへの水分補給はせずに、凍りそうな寒い時は軒下か、屋内に置けば越冬できます。

●幼虫の飼育で大事なことは、
①幼虫の餌であるマットは良質なものを選ぶこと。
②餌(マット)不足にならないようにすること。
③糞掃除をすること。
④冬眠するまでに、大きく肥らせること。

です。

成虫の飼育

[6月上旬] 成虫飼育用の飼育箱の準備

●成虫飼育用の飼育箱の準備をしておいて下さい。
飼育箱は出来るだけ大きく、産卵させて来年用の幼虫を確保するためには深いものが必要です。

●飼育箱の中には、来年用の幼虫を確保するために、産卵床を作って下さい。
産卵床を作っておかないと、成虫がマットに潜り込んで引っ掻き回し、卵を壊したり、幼虫を殺してしまったりします。

●幼虫は、小さい時には共食いすることがあるため、餌であるマットが十分に入る、大きめの飼育箱にして下さい。(3齢幼虫になったら共食いはしません。

産卵床の作り方

産卵床の作り方
S20090523-kabuto-1
S20090523-kabuto-aの部分
・メスが潜って産卵する場所です。
底から深さ10cmくらい、霧吹きで水を与えながら、マットを手で強く押えて、しっかりと固めて下さい。
メスは角が無いので、押し固めてあっても潜ることが出来ます。

S20090523-kabuto-bの部分
・オスが昼間に隠れる所です。
その上に10cmくらいマットを入れて下さい。
マットを手で握りしめて、手を開いても、崩れない程度の湿り気にして下さい。

●使用するマットについては、幼虫の餌は「マット」のところに書いてありますので、お読み下さい。

●腐葉土もマットとして使えますが、園芸店、ホームセンターなどで売っている一般的な腐葉土は使用しないほうが安全です。
使用する場合は、農薬などが混入していないことが保証されたものにして下さい。

土は絶対に混ぜないで下さい。

この記事はページ分割されていますので、続きは下記のページをご覧下さい。
カブトムシの飼育の注意点(3/3)羽化から、成虫の飼育
この記事は、岩国市田舎村情報館:本館から移行したものであり、他のサイトからのパクリ記事ではありません。 2016/05/14...
【緊急のお知らせとお願い】このサイトはサーバーの容量制限に達しましたので、サーバー内の未使用の画像を削除中です。間違って必要な画像を削除してしまうことがあると思いますが、お気付きの場合はご連絡をお願いします。
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

トップへ戻る