岩国市田舎村昆虫館は、イモムシとかアオムシなどと言われている幼虫の写真が沢山現れますので、昆虫が嫌いな方へは閲覧をお勧めしません。しかし、子供さんの夏休みの自由研究などに役立つ記事が沢山ありますので、興味のある方はご覧になって下さい。

キアゲハの飼育(43) 栄養、コラーゲンたっぷりの脱皮した皮を食べる幼虫

この記事はページ分割されていますので、下記のページを先にご覧下さい。
キアゲハの飼育(43) 栄養、コラーゲンたっぷりの脱皮した皮を食べる幼虫
一旦は終わった2011年のキアゲハの日記ですが、庭の残りパセリで、10月3日に幼虫を5匹発見しましたので、暫くの間、様子を見ることにします。 2011年10月3日 幼虫を5匹発見! 来年のキアゲハの幼虫の食料...

2011年10月14日 残りの3匹、[第23号]~[第25号]も前蛹になりました

P20111014-P1130542-2
P20111014-P1130544-2 P20111014-P1130545-2
今日は、ドシャ降りの雨の予報ですから、早めに飼育箱の中を点検。
残りの3匹、[第23号]~[第25号]も前蛹になっていました。


P20111014-P1130543-2
これは、昨日前蛹になった1匹、[第21号]です。

2011年10月14日 [第21号]が蛹になりました

P20111014-P1130546
14時過ぎに見た時は、皮がグワグワになっていて、脱皮が近いことが判りました。


P20111014-P1130548
16時前に見たら、見事な蛹になっていました。

2011年10月15日 [第23号]~[第25号]が蛹になりました

P20111015-P1130564
P20111015-P1130565 P20111015-P1130566
昼食後に確認したら、2匹は蛹の形に、1匹は皮を脱ぎ終わったばかり(一番右の写真)で、頭側の形は整っていませんでした。飼育箱の蓋に1匹、飼育箱の壁に2匹です。


[第21号]~[第25号]の4匹ですが、今年中に羽化するつもりなのか?越冬するつもりなのか?
聞いてみても返事がありません。

2011年10月18日 [第21号]~[第25号]の蛹を引越し

今日は最後の蛹化から3日目。
[第21号]~[第25号]の蛹の引越しをしました。


P20111018-P1130584
蛹の糸にセロテープを貼り付けて、そのセロテープを剥がして、箸へ空輸途中です。


P20111018-P1130586 P20111018-P1130585
引越し先の蛹の安置所です。
今年のうちに羽化するか、来春まで越冬するか、定かではないので、庭の日の当たる所へ置きました。

2011年10月20日 幼虫を1匹発見

P20111020-P1130621
人間が食べたいようなパセリ。
プランターで青々と茂っています。
このパセリで1匹の幼虫を発見しました。
このまま無事に育てば、確実に越冬蛹ですよ。


[2011/10/27追記]
大きくなっていることを楽しみに、1週間ぶりに見たら、姿が見えなくなっていました。
何者かに襲われた可能性が大です。

2011年11月3日 [第21号]~[第25号]の蛹は越冬のようです

P20111103-P1130915
[第21号]~[第25号]の蛹は、日当たりのよい所で、日向ぼっこをしています。
越冬のようですね。

お知らせ

[第21号]~[第25号]の蛹が越冬するとなると、2011年のキアゲハの日記は終わりになります。
しかし、越冬しなくて羽化することがあるかもしれませんので、その時は、この下に続きを書くことにします。
それでは、私も冬篭りの支度をします。


強烈な寒さの冬を乗り越えて、越冬した蛹が2012年3月の終わりに羽化しました。

このページの前後のページもご覧下さい。

キアゲハの飼育(42) 栄養価満点のアシタバ(明日葉)を食べる幼虫
アゲハなどの幼虫を飼育してから何年か経ちましたが、幼虫の食草である柑橘類なども害虫(柑橘類の農家の方にとってはアゲハの幼虫も害虫でしょうが・・・)だらけの状況です。 一番大きな、30年は超えたと思う橙の木も、年々弱...
キアゲハの飼育(44) 越冬蛹編・越冬蛹が羽化
今冬は寒さが厳しかったですが、屋外に置いていた蛹が全て羽化しました。 2012年3月29日 越冬蛹が蛻の殻になっていました   一昨日は暖房用の灯油を買ってきたと言うのに、昨日から急に暖かくなりました。 夕方...

コメント

タイトルとURLをコピーしました