キアゲハの飼育(20) 食草用のパセリ、セロリ、ニンジンの葉は無農薬ですか?

キアゲハの飼育(20):幼虫飼育の食草は無農薬ですか? スーパーなどで売っているパセリ、セロリ、ニンジンの葉などを与えると死んでしまいます。

旧館 新館 別館
7月28日
背番号No.8の羽化で
終了しました。
P20070730-IMG_0223-9 P20070724-IMG_9969-9
2007/07/30  11:34現在 2007/07/23  16:56現在

背番号については2007年・キアゲハの蛹の背番号一覧をご覧下さい。

2007年7月27日

背番号No.7背番号No.8が今日羽化してくれれば、殆ど当てにならなくなった予測表の値打ちが上昇するのですが・・・・一(いち)か八(ばち)か、朝6時に覗いてみました。
P20070727-IMG_0086 P20070727-IMG_0087
見てやって下さい。背番号No.8がはちきれんばかりにパンパンです。「オハヨウゴザイマス」と言って、いつ顔を出してもおかしくない状態です。飼育箱の蓋を動かすと、ピクピクと身体を動かします。


P20070727-IMG_0089
いつ出てきてもらっても良いように、羽化後の休憩場所も準備しておきました。


P20070727-IMG_0096
様子が変です。
全く羽化する気配なし。サナギに触っても全く反応無し。
昨日に続く真夏日。
我が家の庭の一等地、カンカン照りの場所で熱中症にやられたかなと、90%は諦めて、影に移動して、昼食。


P20070727-IMG_0100 P20070727-IMG_0101
昼食を済ませてから軒下を見ると・・・背番号No.8が、当てにならない予測表の面目を保ってくれていました。予測通り、9日目です。
たまには的中してくれないと、表を表示しておくのも恥ずかしいですから、背番号No.8が頑張ってくれたのですね。
P20070727-IMG_0103


 P20070727-IMG_0106-9  P20070727-IMG_0090-9
(2007/07/27  12:30現在)
背番号No.7だけになりました。
(2007/07/27  10:00現在)
背番号No.20がサナギになりました。しかし、背番号No.20には
背中の糸が無く、宙ぶらりん。
P20070727-IMG_0091
チョッとだけ補修しておきました。

2007年7月27日(付録)

P20070727-IMG_0095-2
ご愛読の皆様、有難う御座います。
皆様、このサナギに見覚えはありませんか?
7月24日の日記をご覧下さい。
橙の木を剪定し、切り落とした枝に付いていたナミアゲバのサナギです。
今日は背番号No.8の羽化が遅いので、何かあったのかと、あれこれ考えながら覗いてみたら、3つほど穴が明いていました。
アオムシコバチが卵を産みつけ、アオムシコバチの幼虫がサナギの中を食べつくし、羽化して出て行った穴ですよ。


P20070727-IMG_0093-2
その憎っきアオムシコバチですが、上の写真の赤丸の中にいます。
だいぶ前からキアゲハの幼虫、前蛹、サナギの周りをうろついていて、簡単に追っ払ったくらいでは逃げません。箸か何かで払い落として、潰すしかありませんね。
多分、何匹かがアオムシコバチの被害になっていると思われます。


P20070727-IMG_0098-3 P20070727-IMG_0099-2
度々他のページを見て頂くことになり申し訳御座いません。
この幼虫は、7月23日に孵化したことをお知らせした幼虫です。あれから4日過ぎましたが、大きくなりましたよ!まだ同じくらいの幼虫が沢山居ますが、2匹だけご紹介しておきます。(右の写真は12mmのほうのアップです。)
しかし困ったことことですね。パセリの苗探しを本格的にやらねばなりません。


余談ですが、人間が食べるためにスーパーなどで売っているパセリですが、キアゲハは嫌がります。無理矢理食べさせると、どうしても死んでしまいますが・・・(これ以上は差支えがあるため書きません。)
やはり種を蒔いて、自然環境で育てるか、苗を買ってきて育てるしかありませんね。


P20070727-IMG_0118 P20070727-IMG_0119-2
夕方、蝉の抜け殻探しをしていたら、抜け殻の左下にキアゲハ。
昼に羽化した背番号No.8ですよ。
このまま固まるのかなと思ったら、大空へ舞い上がりました。


P20070727-IMG_0116
ミイラです。
大空へ舞い上がることなく逝ってしまった背番号No.2
頭はありませんが、羽根を広げたままサツキの木の上にいます。羽根は全く痛んでいなくて、時々アゲハが近寄ってきています。

2007年7月28日

P20070728-IMG_0120 P20070728-IMG_0121
背番号No.7の色艶ヨシ! 羽化の支度もヨシ!
P20070728-IMG_0123 P20070728-IMG_0125
背番号No.7が羽化しました。
6時35分、蓋をよじ登っているところで気が付きました。
P20070728-IMG_0127 P20070728-IMG_0130
P20070728-IMG_0133 P20070728-IMG_0139

P20070728-IMG_0150
これで大きいほうの飼育箱の蓋は役目が終わりました。
今日から、カブトムシの卵と幼虫を入れた飼育箱の蓋になりました。


P20070728-IMG_0168 P20070728-IMG_0170
今日は2年前に作った国宝級の物を出してきました。
観察用の設備です。
どこへ仕舞い込んだのかなと探しましたら、植木鉢へ猫が糞をしないように、鉢の上に置いてありました。背番号No.9以降は、キアゲハ羽化御殿で皆様にお目にかかります。


P20070728-IMG_0151
何処へ行ってもパセリの苗が見当たりません。
我が家のキアゲハにもヨーロッパの味を堪能してもらいたいと思って、デンマーク産の種を買いました。
大小、2つのプランタにポットを並べて種をパラパラ。ついでに、殆ど丸坊主になったパセリの鉢にもパラパラ。
種を蒔いている左腕の傍をキアゲハがすり抜けて、殆ど丸坊主のパセリに掴まったと思ったら、お尻を丸めて・・・真っ黄色な卵を産み付けて飛んで行きました。
下の【特別記事】もご覧下さい。


P20070728-IMG_0154 P20070728-IMG_0165
人間が居てもお構いなし。
パセリの緑色が見えるうちに卵を産みつけないと・・・

2007年7月28日 【特別記事】キアゲハの卵の観察(?)

P20070728-IMG_0172-2
パセリの種蒔き中に、左腕の傍をすり抜けて産み付けた卵です。
「7/28」と書いた札を立てました。
孵化の瞬間は無理として、孵化した日くらいは写真を撮るつもりでいます。
また、この鉢にはパセリの種が蒔いてあります。
発芽まで約10日と書いてありますが、孵化と発芽のどちらが早いでしょうか?
続き話は、別ページにまとめることにしました。

この記事はページ分割されていますので、続きは下記のページをご覧下さい。
キアゲハの飼育(20) 食草用のパセリ、セロリ、ニンジンの葉は無農薬ですか?
キアゲハの飼育(20):幼虫飼育の食草は無農薬ですか? スーパーなどで売っているパセリ、セロリ、ニンジンの葉などを与えると死んでしま...
トップへ戻る