岩国市田舎村昆虫館は、イモムシとかアオムシなどと言われている幼虫の写真が沢山現れますので、昆虫が嫌いな方へは閲覧をお勧めしません。しかし、子供さんの夏休みの自由研究などに役立つ記事が沢山ありますので、興味のある方はご覧になって下さい。 判らないことがあれば、【新】岩国市田舎村の掲示板を利用してみて下さい。

ツマグロヒョウモンの飼育(6) 羽化の予兆が判るようになりました

●このページは、前ページからの続きです

2007年9月18日 羽化

今日は、秘伝中の秘伝であるGARAKUTA引越しセンターの「チョロマカシ引越し」を皆さんへご紹介しようと、ルリタテハの蛹と遊んでいました。

ルリタテハの蛹を物干し竿に付けようとしたら、ツマグロヒョウモン用の物干し竿の蛹がパリパリと破れて「コンニチワ!」。

9月になってから最初に蛹化したのが9月7日。次の蛹化が9月10日。
ルリタテハに気を取られて、羽化する時期だったことをすっかり忘れていました。


秋の陣の第1号はオスです。

羽化した蛹の場所から考えると、9月10日に蛹化した蛹ですね。
昼には飛び立っていきました。

P20070918-IMG_4268P20070918-IMG_4271P20070918-IMG_4274P20070918-IMG_4275-2


秋の陣の第2号です。

午後、庭を歩いていたら枯葉のようなものが芝生に・・・私は近視ですから、眼鏡を外すと1m先はピントが合わず、ボケてしまいます。
近寄ってみたらツマグロヒョウモン。

手を出しても逃げようともしませんので羽根を掴んでみたら、右側の羽根は伸びきっておらず、羽化失敗の羽根。

ピーポーピーポーを鳴らしながら物干し竿に搬送しましたが、発見するのが遅かったですね。
今日は風が強かったので、何処かから吹き飛ばされて落ちてきたことでしょう。

この羽化失敗のオスですが、「どこ」からきたのかを捜査した結果、当岩国市田舎村昆虫館の物干し竿と判明しました。

物干し竿の蛹の中で、9月7日か10日の蛹化と思われるものがもぬけの殻
午前中の1匹目が飛び立った後で羽化し、風で吹き飛ばされたんですね。

P20070918-IMG_4289P20070918-IMG_4291P20070918-IMG_4294P20070918-IMG_4300

なお、このオスは夕方も竿に掴まったままでしたが、翌朝(19日)確認したら、姿が見えなくなっていました。
遠くへは飛んで行けないでしょうから、明るくなってから捜索隊を出発させます。

2007年9月18日(その2) 奇怪な蛹(1)

ところで、上の羽化失敗のオスの一番左の写真に写っている3匹の蛹ですが、写真を拡大してみて下さい。

羽化失敗のオスの写真を撮る時に気付いたのですが、中央の蛹にオレンジ色の線が見えていますよね。これは何でしょうか?
P20070918-IMG_4295 P20070918-IMG_4301-2

この蛹のオレンジ色の線を見て最初に思ったことは、「殻が破れて羽化が始まるぞ。目玉が現れた瞬間の写真が撮れる。」

羽化失敗したオスの様子を横目で睨みながら、目玉が出てくるのを待ちました。
しかし、カンカン照りの庭でカメラを構えて目玉を待つ。・・・・辛抱が要りますよ。
私は暫くして遂にギブアップ。この蛹を突いてみても、全く応答なし。

しばらくの間、様子を見ることにしました。

2007年9月19日 奇怪な蛹(2)

今朝はこの蛹の両隣の2匹が羽化しましたが、この奇怪な蛹は全く変化ありません。

P20070919-IMG_4323-5


9月19日に羽化した抜け殻

P20070919-IMG_4332-2


今朝の2匹目の羽化は、蛹の向きが良かったので今までにない羽化の様子を見ることが出来ました。
羽化した後の抜け殻を見ると、この奇怪な蛹のオレンジ色の部分が裂けているんですよ。
このあたりの状況から推測すると、この蛹は殻を破って外に出ようとした瞬間に、何かのショックで固まってしまったのではないかと思われます。
何かとは何か」と聞かれても、私には何か判りません。
また、この状態になったのは昨日ではないような感じがします。
もしかすると、9月7日に蛹化した蛹で、何日か前に羽化しかけて逝ったのかもしれませんね。
まあ、そのうち、GARAKUTA医院の外科の先生が暇になったら、羽化の時に破れる皮の部分を剥がしてみてもらいます。

2007年9月19日

ツマグロヒョウモンは何度も羽化してくれましたが、どうしても判らないことが1つ。
羽化の予兆」です。

アゲハは、羽化前日、夕方の蛹の色の変化、、及び、羽化当日の朝の蛹の胸の辺りの透けた模様で羽化に気付くのですが、ツマグロヒョウモンの羽化直前は、何を頼りに気付けばよいのか判りません。

アゲハでも、枯れたような茶色っぽい蛹では色の変化はわかりません。
ましてやツマグロヒョウモンの蛹の色では無理な願いでしょうね。

アゲハは殆どの場合、夜明けから1~2時間で羽化しますが、ツマグロヒョウモンは勝手気ままな時に羽化しているような気がします。

今のところツマグロヒョウモンの 「羽化の予兆」が掴めていないので、沢山飼育しておけば出会いのチャンスも増えるだろうと、「数撃ちゃ当たる」方式を採用しています。

ところで今朝は、奇怪な蛹の両側、メスとオスの2匹が羽化しました。


<<< 2007/09/20追記 >>>
ツマグロヒョウモンの羽化の予兆」について、私のツマグロヒョウモンの先生であるミルクティさんからまたまた掲示板で教えて頂きました。
ミルクティさん有難う御座いました。


今は5匹しかいない貴重なルリタテハの世話が最優先です。

ルリタテハの次がツマグロヒョウモン。

ツマグロヒョウモンの物干し竿の前に来たら、1匹羽化して羽根は殆ど拡がっていました。
羽根の模様を見たらメスだったので、カメラを取りに行って戻ってみたら、横のほうで何かがモゾモゾ。もう1匹が羽化を始めました。

好都合なことには、蛹の横方向から見えるので、羽化の様子がよく判ります。

こうなると羽根がほぼ拡がりきったメスよりは、殻から抜け出ているオスですよ。

しかし、沢山撮ろうにも体勢が悪いし、物干し竿は動かせないし・・・撮れた写真はボケ写真ばかりでしたが、掲示しておきます。

右のほうで、羽根の拡がっているのが先に羽化したメスです。
P20070919-IMG_4308-2 P20070919-IMG_4311
P20070919-IMG_4313 P20070919-IMG_4315
殻から抜け出る時に足で押している殻の蓋の部分。
これを見て、9月18日の奇怪な蛹が判ったような気がしました。
P20070919-IMG_4320 P20070919-IMG_4322
P20070919-IMG_4323-2 P20070919-IMG_4325-2


先に羽化した右側のメス
P20070919-IMG_4327


後で羽化した左側のメス
P20070919-IMG_4328
P20070919-IMG_4335 P20070919-IMG_4339


先に羽化したメスはオスに興味は無く、何処かへ飛んでいってしまいました。P20070919-IMG_4347
P20070919-IMG_4349


ツマグロヒョウモンの羽化の証です。
部屋の中で羽化させる場合は蛹の下に大きな鉢皿などを置くべきです。
量は多いですよ。

P20070919-IMG_4341

2007年9月20日 奇怪な蛹(3)

今日は切開手術をしてみました。

先ず、オレンジ色の筋で挟まれた部分の皮の取り除きました。
見えているのか見えていないのか判らないツブラな瞳の目は真っ黒に。
触角も口も黒くなって硬くなっています。

P20070920-IMG_4393-2P20070920-IMG_4394-2P20070920-IMG_4395-2

続いて羽根の部分の皮を取り除きました。この部分の皮も乾ききってパリパリ。
羽根の模様、色では、オスですね。

P20070920-IMG_4396-2P20070920-IMG_4397-2P20070920-IMG_4398-2

ミルクティさんが掲示板で教えて下さったように、蛹の形が曲がっていて、出ようとしたが出られなかったことでしょうね。
なにしろ、当昆虫館では、年金は勿論のこと、健康保険も摘み食いしてしまい、助産婦さんを置くだけの費用がありませんので手助けすることが出来ませんでした。

●この記事はページ分割されていますので、次ページもご覧下さい

コメント

  1. おはようございます。
    15日にイガグリ頭の前蛹になったのなら、17日くらいには蛹ですかね。
    室温が21〜23度くらいであれば羽化に漕ぎつけるのではないかと思います。
    我が家の庭には、あちらこちらで蛹になって冬を迎えるのがいますが、蛹で越冬して春に羽化したのはありませんので、なんとか羽化させてやって下さい。
    (我が家では、幼虫が越冬するために、庭のあちらこちらに生えたスミレをプランターへ寄せ集めたり、ビオラの苗を買ってきてプランターへ植えたりしています。)

    わが家の庭に来る成虫は産卵の時くらいで、吸蜜している姿を見掛けるのは、南下するアサギマダラが立ち寄るために植えてあるフジバカマへ掴まって吸蜜しているくらいで、他の花は判りません。
    アゲハでは度々やりましたが、砂糖水でも長生きすると思います。

    ここ何年間かは、食草を探して庭を歩き回る幼虫を見つけた時にスミレの葉の上に運んでやる程度になりましたが、幼虫も可愛いものですし、人懐こい成虫もいいものですね。

  2. こんにちは!9月4日にツマグロヒョウモンの幼虫を保護?し、以来虫かごに幼虫くんとすみれを入れて飼い、15日の今日、枝からぶら下がっている状態になりました。もう寒い時期ですが、何とか蝶々になって欲しいと室温はエアコンで21〜23度に保ち、ここまできました。

    そこで、この先どうするのが一番良いかとネットで調べていてこちらのページを見つけ読ませていただきました。たくさん蝶々にして素晴らしいですね!小さな(小さくなくてもですが)健気な命は本当に可愛いですね!

    こちらを読ませていただいたところ、羽化失敗も珍しくないのですね。うまく羽化できると良いのですが。。。そのために何か気を付けておくべきことがありましたら教えていただけませんか(>人<;)?
    ここは千葉県ですが既に朝晩はかなり寒いため、羽化後も室温を保ったエアコンの部屋で過ごしてもらう予定です。好物もマリーゴールドが手に入るかわからないのですが、他に好きな花はありますか?ポカリスウェットも吸うようですが、できれば自然の花の蜜を吸わせてあげたいです!

    • おはようございます。
      15日にイガグリ頭の前蛹になったのなら、17日くらいには蛹ですかね。
      室温が21〜23度くらいであれば羽化に漕ぎつけるのではないかと思います。
      我が家の庭には、あちらこちらで蛹になって冬を迎えるのがいますが、蛹で越冬して春に羽化したのはありませんので、なんとか羽化させてやって下さい。
      (我が家では、幼虫が越冬するために、庭のあちらこちらに生えたスミレをプランターへ寄せ集めたり、ビオラの苗を買ってきてプランターへ植えたりしています。)

      わが家の庭に来る成虫は産卵の時くらいで、吸蜜している姿を見掛けるのは、南下するアサギマダラが立ち寄るために植えてあるフジバカマへ掴まって吸蜜しているくらいで、他の花は判りません。
      アゲハでは度々やりましたが、砂糖水でも長生きすると思います。

      ここ何年間かは、食草を探して庭を歩き回る幼虫を見つけた時にスミレの葉の上に運んでやる程度になりましたが、幼虫も可愛いものですし、人懐こい成虫もいいものですね。

      • たくさんの幼虫くんを助けていらっしゃるのですね!!幼虫の姿のまま逆さになっているのを発見したのが昨日15日のお昼過ぎ、今朝まで同じ状態でしたが、本日16日に仕事から帰ると茶色くなっており、蛹になった感じですが脱皮したかどうか不明です。うまく羽化までこぎつけるといいのですが!!

        羽化後に与えるため、農家の方処分するために引っこ抜いたマリーゴールドをプランターに植え直していただきました。こちらもうまく根付くといいです。

        うちの庭にはキンカンの木はあるので、来年はすみれやマリーゴールド、パセリなど大量に植えようと思います!!虫くんたち、本当に可愛いです。

      • よーく見たら、脱皮した皮が土の上に落ちていました!
        室温管理と観察を続けます。

        • 蛹化に成功ですね。
          良かったです。

          それにしても、尻尾を引っ掛けて、アルファベットの「J」の字型になって垂れ下がっている姿は滑稽で好きですよ。

          下記の旧形式の掲示板にありますが、初めてツマグロヒョウモンの幼虫を見た時は不気味でしたが、今では、食草を探して庭の芝生の上を歩き回るのを見て、我が家では老夫婦が楽しんでいます。

          蝶(アゲハ・他)の幼虫飼育の掲示板

          私も後期高齢者になり、車の運転免許証の更新は認知症検査が必須。幼虫が歩き回る姿を見て、自分も徘徊することにならなければよいがと・・・

          • はじめまして。
            10月の台風接近の時に保護したツマグロヒョウモンのことを知るために、何度もこちらのサイトを拝見させていただきました。
            三匹幼虫で保護、
            毎日スミレの葉を与えて、
            三匹とも蛹になりました。
            その蛹が11月4日、15日に羽化し、外に飛んで行きました。
            朝晩が冷えるので心配ですが、とにかく蝶になれて良かったと思います。
            蝶がとても苦手(なぜか幼虫は大丈夫)ですが、小さな命が懸命に生きようとするのを近くで見て、愛おしく思えます。
            いろいろありがとうございました。。
            しかし一番初めに蛹になったものはそのままです。黒くなって小さくなってきたので、もうダメかなと思います。

            • こんにちは。
              コメントを投稿頂きまして有難うございました。
              何故か、スパムに分類されていまして、先ほど気が付きました。申し訳ございません。

              ————-

              黒くなって小さく縮んだ蛹はダメでしょうね。

              私も沢山飼育してきましたが、死因が不明で途方に暮れたことも度々でした。

              ————-

              まだまだ多くの方が幼虫を飼育されているようですから、各々のページのコメント欄を使用していると気が付き難いため、現在、コメント機能を利用して、簡易的な掲示板を作っています。
              もう少ししたら、改めてお知らせします。

          • こんにちは。掲示板、さっと読ませていただきました!幼虫を愛おしく思う方がたくさんいることが実感でき、とても嬉しくなりました。春までに読ませていただいてそれまでにもっと蝶のことが分かるようになっていようと思います!

            蛹になったツマグロヒョウモンはまだそのままです。茶色の蛹になったのを発見したのが16日午後なので、羽化は23日頃が要注意と思っています。

            来年の春のためにビオラをたくさん買ってきて(その頃にはビオラの農薬も問題なくなるはず)植えましたが、パセリをどうしようかと思って迷っています。以前キアゲハの幼虫がうちのパセリに11匹ついていて成長を楽しみにしていたのですが、食べ尽くしてしまったのでスーパーのパセリをよーく洗って与えたところ全員死んでしまいました(;_;)
            何匹の幼虫が来るかにも寄りますが、10株15株くらい今から植えて株を大きくしておいたら足りるものでしょうか??ご経験からアドバイスがありましたら教えていただけませんでしょうか(>人<;)

            • おはようございます。
              会社を卒業後に、庭で羽化したばかりのナミアゲハを見てからホームページを追加し、私自身が判らないことが多いため掲示板を開設しましたところ、幼虫を飼育されている方が多いのに驚きました。

              我が家の庭で、スミレを食い荒らすために毛虫だと言って、オバサンに溝に掃き捨てられていたのがツマグロヒョウモンの幼虫だと教えてもらったのが掲示板でした。

              掲示板は、キアゲハなどに詳しい北海道の方がセキュリティ強化して作られたもので、使い難くなったので、11月18日に「簡易掲示板・・・写真の貼付も可能」を新たに設置しましたが、旧くても内容的には役立つことが多いため閲覧のみ可能にして残してあります。

              私も色々と教えてもらいました。

              —————–

              キアゲハは大食漢ですからパセリは瞬く間に食い尽くされます。
              私はポットに植えられた苗を購入して庭へ植えつけていましたが飢饉に陥り、種を購入して種蒔きする方法に変えました。
              これでも食い尽くされる年もあり、この時はポットの苗を買って来て、そのまま食べさせたこともありました。

              スーパーで売っているパセリ、セロリなどは、店頭に並べる前の洗浄剤だけでなく、畑に散布して根から吸収させる殺虫剤が影響しているのではないかとも思いますが定かではありません。園芸店で売っている値段の高い苗にも、ポットに撒かれている可能性もあります。

              私は、多い時は、30cm x 1.8m くらいの場所に種蒔きしていましたが、それでも足りない年もあり、半分くらい捨てた年もありました。

              そういえば、アシタバを植えてみたり、ニンジンの根の部分を食べさせてみたこともありました。

              • いろいろ教えていただき、ありがとうございます!本日蛹になってから15日目にしてツマグロヒョウモンが羽化しました!!メスでした。私が仕事に出かける朝9時の時点では昨夜と変わらぬ様子でしたが午後1時前に帰宅してみると蛹の殻にぶら下がっておりました!!羽もちゃんと真っ直ぐに。。。もしかして死んでしまったのかもと思いつつ室温管理してきましたが、こうして無事羽化してくれて感激です!!  

                羽化に備えて農家の方にいただいていたマリーゴールドがダメになってしまっていたので、畑からと近所の日産のプランターからマリーゴールドを何本か切らせていただき顔のところに持っていきましたが、蜜は吸いませんでした。ランタナのお花も置いてみましたがダメでした。その後砂糖水、蜂蜜を薄めたものは少し吸っていました。

                外ではもう生きられないと思うので室内に置いておくつもりですが、少しでも長生きするために何かアドバイスありましたら教えていただけませ話でしょうか??

                アゲハの幼虫くんは相当な大食漢ですね。パセリの苗を何株か植えましたが、やはり時間差で種まきをは続けるのが良いかもしれませんね。無駄になる分は良いのですが、お腹を空かせてしまったらかわいそうなのでとにかくたくさん用意することですね。蝶含め、すべての昆虫は神秘的で美しいですね。

                • ツマグロヒョウモンが羽化、良かったですね。
                  我が家の庭へやって来る蝶の中で、一番人間に慣れていますので可愛いものです。

                  現在、ツマグロヒョウモンの幼虫の越冬の場として、ビオラの苗を植えたプランターと、野生のスミレを集めたプランターがありますが、中に幼虫が潜んでいるのか???

                  南西諸島まで移動していくアサギマダラの休憩用のフジバカマも切ってしまいましたので、現在は蝶の方は終わりました。

                  明日くらいから晴れそうなので、メジロ用のレストラン(?)にミカンを出してやります。
                  暖かくなるまで毎日のように遊びに来ますよ。

                  031 メジロが来る庭
                  「031 メジロが来る庭」の記事一覧です。