岩国市田舎村昆虫館は、イモムシとかアオムシなどと言われている幼虫の写真が沢山現れますので、昆虫が嫌いな方へは閲覧をお勧めしません。しかし、子供さんの夏休みの自由研究などに役立つ記事が沢山ありますので、興味のある方はご覧になって下さい。

ナガサキアゲハの飼育(8) 前蛹の状態でも臭角を出す

ナガサキアゲハの飼育(8):今年はナガサキアゲハの幼虫が沢山いますので、蛹化中(脱皮)の動画も撮ることが出来ました。幼虫の形から、蛹の形への変化をご覧下さい。

P20090615-P1120043-2

[背番号2009-*]の表示は2009年・幼虫・前蛹・蛹の背番号一覧をご覧下さい。

2009年6月1日 [背番号2009-020][背番号2009-017]をポケットへ

そろそろ蛹の安置箱が不足しそうな気配なので、羽化の補助用のポケットを作って、[背番号2009-020][背番号2009-017]を入れました。
P20090601-P1110394

2009年6月1日(2) [背番号2009-021]が前蛹

[背番号2009-021]は、箸にくっ付いてくれました。
最初に気が付いたときは08時20分。背中に掛ける糸を作っている時でした。
その後も09時00分と11時40分に写真を撮りましたのでご覧下さい。


08時20分
P20090601-P1110426-2 P20090601-P1110424-2


09時00分
P20090601-P1110430-2 P20090601-P1110431-2


11時40分
P20090601-P1110433-2 P20090601-P1110432-2

2009年6月1日(3) [背番号2009-039]が終齢

今朝は、[背番号2009-039]が終齢になっていましたが、[背番号2009-039]だけでなく、その他大勢の幼虫の姿を、ケース毎にご覧頂きます。


[背番号2009-018][背番号2009-026][背番号2009-027][背番号2009-028]
P20090601-P1110404-2


[背番号2009-029][背番号2009-030][背番号2009-031][背番号2009-032][背番号2009-034]
P20090601-P1110409-2


[背番号2009-035][背番号2009-037][背番号2009-038][背番号2009-039]
P20090601-P1110411-2


[背番号2009-041][背番号2009-042][背番号2009-043][背番号2009-044][背番号2009-045]
P20090601-P1110413-2
P20090601-P1110415-2 P20090601-P1110414-2

2009年6月2日 [背番号2009-023][背番号2009-024]が前蛹

[背番号2009-023]は箸にくっ付いてくれていました。
P20090602-P1110448-2


[背番号2009-024]は、飼育箱の内壁です。
この飼育箱は30年以上前のもので、カブトムシとも共用していますので内壁はザラザラ。
これなら、ナガサキアゲハのような肥満児でも、糸が剥がれて落ちるようなことは無いと思います。
P20090602-P1110450-2

2009年6月2日(2) [背番号2009-041][背番号2009-042]が終齢、 午後には[背番号2009-043]も終齢に

朝一番に見た時は、[背番号2009-041][背番号2009-042]が終齢になっていました。
P20090602-P1110454-2


午後、とは言っても夕方近くですが、[背番号2009-043]が脱皮して終齢になったばかりでした。脱いだ皮が残っています。
P20090602-P1110479-2

2009年6月2日(3) [背番号2009-021]が蛹

肘をはったような蛹・・・ナカサキアゲハの貫禄ですね。
P20090602-P1110458-2 P20090602-P1110459-2
P20090602-P1110460-2

2009年6月3日 [背番号2009-023][背番号2009-024]が蛹

[背番号2009-023]は丸い箸で蛹になっていました。
P20090603-P1110487-2 P20090603-P1110488-2
P20090603-P1110489-2


[背番号2009-024]は飼育箱の内壁で蛹になっていました。
P20090603-P1110481-2


この飼育箱は次に前蛹になるグループに明け渡さなければなりませんので、今朝蛹になっていたばかりで早過ぎるのですが、ポケットへ退避してもらいました。まだ豆腐のように柔らかくて、チョッとでも傷がついたら一巻の終わりです。通常は蛹化後3~4日は過ぎた頃でないと安心して引越しはできません。
P20090603-P1110490-2

この記事はページ分割されていますので、続きは下記のページをご覧下さい。
ナガサキアゲハの飼育(8) 前蛹の状態でも臭角を出す
ナガサキアゲハの飼育(8):今年はナガサキアゲハの幼虫が沢山いますので、蛹化中(脱皮)の動画も撮ることが出来ました。幼虫の形から、蛹の形への変化をご覧下さい。 の表示は2009年・幼虫・前蛹・蛹の背番号一覧をご覧下さい...

コメント

タイトルとURLをコピーしました